女子キャリ

女子学生だけが使える会員制の就活サイト

    女子キャリ就活 > コラム > , > JIG-SAW株式会社

COLUMN コラム

JIG-SAW株式会社新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

2017.09.29

あなたはIoT(Internet of Things)という言葉を聞いたことはありますか?
・テーマパークや道路の混雑状況がわかる
・離れた場所にある自宅のエアコンのスイッチをスマホでオンにすることができる
・飼っているペットが迷子になってしまったときに、首輪につけたチップから場所を特定できる
従来であればインターネットに繋がっていなかったモノやコトが、繋がることでより便利になる技術。
それがIoT技術です。

2015年4月、IoT領域で業界初の東証マザーズ上場を遂げたJIG-SAW株式会社。
他社にはない強みを活かした戦略で、躍進的な急成長を遂げるJIG-SAWには、多くの優秀な人材が集まっています。その中でも、大手損害保険会社からベンチャー企業であるJIG-SAWに飛び込んだ人事の方にお話をお伺いし、ベンチャー企業で働くことの魅力、JIG-SAWの成長の理由を探ります。

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

大迫力のエントランス!なんと壁一面がタッチパネルになっており、指先ひとつで画面が切り替わるようになっています。エントランスからJIG-SAWが最先端な事業を手掛けていることをひしひしと感じることができます。

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート 新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

社内や会議室も洗練されたデザイン

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート 伊川 由起
経営管理本部 人事総務グループ

2015年入社。人事総務として入社。業務の幅を広げ、現在は経営管理本部として人事関連全般を担当。

▶事業内容について教えてください 主な事業としては、インターネットに繋がるあらゆるもの(Webサイト・アプリ・IoTのデバイス等)が正常に使えるように、当社オリジナルの自動監視システムである「puzzle」を使って、お客様のITのインフラ環境のマネジメントを行っています。
様々な業界やサービス・クラウドサーバなどの監視・運用を行うことでインターネットに安心を提供し、目に見えないインフラを支えるお仕事です。

▶今後の展望(実現したいビジョン)について教えてください。 IoTの技術が進んでいくと、これまでパソコンやスマートフォンにしか繋がっていなかったインターネットが、それこそすべてのモノや生物にまで繋がる時代がやってきます。そうなるとJIG-SAWのターゲット・市場も拡大し爆発的な成長と事業領域の拡大が予測されます。今後私たちJIG-SAWは、ますます壮大になっていく世界のインフラを支えるNO.1企業を目指しています。

▶御社のストロングポイントは何ですか? JIG-SAWの前身が元々、OS(Operating System)を作っていた会社でした。OSは、パソコンを「身体」と例えるならいわば「脳」の部分。OSを作るということはそれだけ高度な技術力が必要になるため、その強みであるソフトウェア面での基礎技術・基盤技術を生かして、あらゆるインターネットのインフラをマネジメントできることが当社の強みです。

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

▶JIG-SAWで働く醍醐味について教えてください。 1つめは、「技術の舞台裏」を見られることです。「こんなモノがこんな形でIoT化するんだ!」という最新の技術に仕事を通じて触れられる点。これは、インターネットサービスの裏側を支えている事業だからこその醍醐味だといえると思います。2つめは、インターネットを使ったサービスを提供している会社がJIG-SAWの全てのターゲットになってくるからこそ、営業ではいろんな業界の人と会える点ですね。業界によって人のカラーも違うので、それだけ様々なタイプの方と接することができるのも面白味の1つかと思います。

▶スケールの大きなビジネス事例を教えてください。 IoTの一例として、ソフトウェアのデータ信号によって視細胞を刺激できるグラスを開発し、それを用いて失明した方の視力を再生させようというプロジェクト(https://www.newvision-prj.com/)を、大学と共同研究・開発しています。医療×ITの革新的な事例として注目されている取り組みです。
また、AIによる自動ビッグデータ分析サービス(「megaro」)も昨年リリースしました。ブラウザ上にデータをアップロードするだけで自動的に分析してくれるという画期的なシステムになっています。さらにはインダストリーインターネット(IIoT=Industrial IoT)の分野で最先端をいく、Litumus Automation(米国:カリフォルニア州サンノゼ)と提携し、製造業の経営効率を促進するプロジェクト(https://litmusautomation.jp/)も今年からスタートしました。JIG-SAWが海外の会社の日本初のパートナー企業となって、グローバル企業と共同でIoTに関するビジネス展開を行っています。

▶入社後3年間の具体的な仕事内容について教えてください。 いい意味で枠を決めていません。もちろん入社後は1か月~2か月間、研修を行います。その後、OJTとして先輩社員がついて様々な業務に慣れていってもらう期間はありますが、自分の興味や頑張り次第で、どんどん仕事を広げられることができます。JIG-SAWの仕事は正解がないものが多いため、早く仕事ができるようになるには、自ら動いて様々な経験をすることが大事です。わからないことは先輩に聞けばきちんと教えてくれますし、やる気次第で新人のうちから大きな仕事を1人で任せてもらうことも可能です。そこもJIG-SAWで働く魅力の1つだと思います。

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

▶営業職の中でもJIG-SAWの営業職とは? 攻めの営業ですね。他の競合となるIT企業が、自分たちから積極的に営業をしない・問い合わせを待っているスタンスの企業が多い中で、当社は営業しっかりと自分たちで行う点から「攻めの営業」であると思います。しかも、単にやみくもにお客様にアプローチするのではなく、お客様はどのような業種でどのような事業を行っているか、どのようにすればお客様の言葉に響くか、どのような提案をしたら一番お客様が納得していただけるか、ひたすら考え自ら行動します。そういう意味で言うと、スマートかつ積極的な動きが求められる職種といえます。

▶面白い福利厚生や個性的な制度はありますか? 当社はインセンティブの制度に力をいれていますが、その中でも特に面白いのが「Vacation Incentive」という、今年できたばかりの制度です。有給休暇を計画的かつ積極的に取得することを推奨する制度です。1年を通じ5日間計画的に有給休暇を取得した場合、30,000円を支給します。また、副業で得た経験や知識をJIG-SAWに生かしてほしいという背景から会社に申請して認められれば副業をすることができます。

ここで社員の皆さんにも参加して頂き、JIG-SAWの「社風」に迫りました!

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

▶大手とベンチャーの違いは? 大手企業は制度や体制がきっちりと整っている反面、社内の決定や申請・承認等で時間がかかってしまうケースが多いですし、年次ごとの業務目標が決まってしまっているのでその枠内でのみの狭い評価になりがちです。一方当社のようなベンチャー企業は会社の決定や申請等のスピード感が圧倒的に違います。また、良い意味で年次ごとで業務の枠を定めていないからこそ、積極的に声をあげ、やる気さえあれば仕事を任せてもらえる風土があります。それがその人のスキルアップになる、会社の成長に繋がれば、喜んで仕事を提供するという考え方だからこその風土だと思います。

▶どんな理由で入社する方が多いか 様々な理由をお持ちの方がいますが、共通しているのは成長したいという気持ち。「ベンチャーでしか経験できないことをやることで自分を磨きたい」という軸がありますね。

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

▶実際の職場の雰囲気、社風はどんな会社だと思うか ITは華やかなイメージをもたれがちですが、当社はITのインフラという大事な部分を預かりマネジメントするところで信用力が大事になってきます。だからこそ、営業も愚直に働くことはもちろんのこと、見た目からも信用を得られるように気を遣っている真面目な人が多いですね。かといって、人間関係が希薄というわけでは全くなく、飲み会をしたり、新卒の子からマネージャーをボーリングに誘って遊びに行ったり、本当にオンオフの切り替えがしっかりしています。仕事するときは仕事し、休むところはしっかり休むというメリハリのある社風ですね。

▶女性が働く上での働きやすさはどんなところですか? オンオフがしっかりしているので、メリハリをつけて働きたい人にとっては、あっていると思います。
マネージャー層であっても有休を取って海外旅行行ったりもしていますし、休むところは休み、しっかり働くときは働くので、そういった点で働きやすいと思います。女性特有のライフイベントが必ずありますが、子会社では産休を取得し復帰している方もいます。

▶活躍している社員の共通している資質(能力や考え方)について教えてください。 「こういった性格の人が多い」という傾向はなく、いろいろな性格の方が在籍しています。トップ2の営業担当者もタイプは全然違うんです。ただ共通している点は、会社をよくしていこう、そして自分もどんどん成長していこう。というスタンスですね。自分の成長が会社の成長につながっていると捉えられている人だと思います。

▶新入社員に求めることを教えてください。 「成長意欲、チャレンジ精神」です!ものおじせずにチャレンジして、成長したいという意欲さえあれば、活躍できるフィールドがあります。そういう気持ちをもち、ぜひ当社に新しい風を吹かせてください!

新進気鋭のベンチャー企業に潜入レポート

「他社にない技術力」を誇り、あらゆるインターネットのインフラをマネジメントできるという、夢と可能性に満ち溢れたJIG-SAW株式会社。その急成長の理由は、世界のインフラを支えるNO.1企業になるために、一人ひとりが誇りを持って働く社員にありました。

スマートフォンの画面は縦向きでのご利用に最適化されております。